奄美で「50年に1度」規模の積算雨量 台風勢力強め6日朝にも九州接近、西日本縦断へ(産経新聞)

強い台風5号について気象庁は5日、進む速度が遅いため積算雨量が増え、奄美地方で「50年に1度」規模の大雨になっているとして警戒を呼びかけた。6日朝には九州南部にかなり接近、7日には西日本を縦断するように北東へ進み、広い範囲で天候が大きく悪化する恐れがある。

 気象庁の名瀬測候所によると、5日午前10時までの24時間雨量が奄美市名瀬で400・5ミリに達し、8月の観測史上1位を更新。鹿児島県瀬戸内町ではレーダー解析で1時間120ミリ以上の激しい雨を観測したとして、午前8時までに計3回、「記録的短時間大雨情報」を発表。場所によって土砂災害の恐れがあるとして「土砂災害警戒情報」を出している。

 瀬戸内町によると、土砂災害の危険があるため、約5千世帯の約9千人に避難指示。九州電力によると、停電も奄美大島を中心に約9100戸で発生した。

 台風5号は5日午前9時、屋久島の南約80キロの海上を、ゆっくりとした速さで北北西へ進んだ。中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル、中心から半径90キロ以内が風速25メートル以上の暴風域となっている。

 台風は今後、勢力をやや強めながら進路を次第に北寄りに変え、6日に九州にかなり接近、西日本を通って日本海へ抜けるとみられる。

 6日午前6時までの24時間予想雨量は多いところで、九州南部・奄美400ミリ、四国、九州北部150ミリ、東海100ミリ。さらにその後の24時間で、四国を中心として100~600ミリの雨が予想されている。

ドライバーでビュンビュン、もう30ヤード飛ばせます!

「ドライバーの飛距離をもっと伸ばしたい!」

「スライスやフックせず、真っ直ぐ力強い弾道を打ちたい」

とドライバーの飛距離が伸びず悩んでいませんか?

そんなあなたに、ドラコン日本一山田勉プロ直伝の
「ドライバーでビュンビュン、もう30ヤード飛ばす必殺技」
をお教えします。

このプログラムは、

・早くて3分、

・3ステップで飛距離アップのスイングをマスター、

・年配の方でも、筋力がない方でも無理なく30Y飛ばせる、

という画期的なプログラムです。

ゴルフ初心者からベテランまで、
簡単にできて、即効性のある飛距離アップ法です。

1.とにかく猛練習してみようか?

2.自己流でなんとかしようか?

3.スクールにいこうか?

あれこれやる前に この方法をやってみると、
ドライバーの飛ばしのコツが分かり、
最短で、しかもコンスタントに、
もう30ヤード飛ばせることができます。

あなたが今すぐドライバーの飛距離をアップしたい
のであれば、まずはこの

「ドラコン日本一山田勉の30ヤード飛距離アッププログラム」

から始めるのがベストででしょう。
飛距離アッププログラムはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする