改憲日程「党に任せる」 首相強調 与党にも慎重論(産経新聞)

安倍晋三首相(自民党総裁)は4日、憲法改正に関し自身が表明した2020年の新憲法施行について「私の考えは申し上げた。あとは党に任せる。議論が熟していくことを期待している」と述べ、自民党内の議論に委ねる意向を示した。「スケジュールありきではない」と重ねて強調し、秋の臨時国会に党の改憲案を示すとした方針の先送りも示唆した。日本テレビ番組で語った。

 首相は「しっかりとデフレから脱却して経済を成長させ、経済の好循環をつくることに全力を傾けたい」と語り、3日に発足した第3次安倍第3次改造内閣として経済最優先で取り組む考えを強調した。

 憲法改正については「私は問題意識を示し、議論が活性化したのは事実だ」とも語り、自身の提案の意義をアピールした。首相はこれまで、9条1、2項を維持した上で自衛隊の存在を明記し、秋の臨時国会に党の改憲案を提出する意向を示していた。これを受け党憲法改正推進本部は9条改正など4つの改憲項目を対象に議論を進めていた。

 しかし、7月2日の東京都議選大敗を境に内閣支持率が急落。首相が8月3日に続き4日も「スケジュールありきではない」と発言したことで、党内は改憲への慎重論が強まっている。

 岸田文雄政調会長は4日、「国民の声も踏まえ、丁寧に議論を進めることが重要だ」と記者団に語った。首相の提案に異議を唱えてきた石破茂元地方創生担当相は記者団に「日程ありきではないというのは、私が『議論を粗略にしてはいけない』と発言したことと軌を一にする」と述べ、首相発言を評価した。

 首相の慎重な姿勢の背景には、政権が弱体化している中で臨時国会に党の改憲案を提示したとしても、衆参両院の憲法審査会で発議に向けた議論が進まない可能性があるからだ。

【飛距離アップのスイング】おそらく一番簡単なノウハウです。

「ドライバーの飛距離が伸びない」

とあきめかけている方に朗報です。

ドライバーで飛距離を伸ばすことは、
意外とできそうでできません。

なぜなのか?

理由は、本や雑誌で書いていあることは、
ある特定の人にしか通用しないからです。

「じゃあ、全てのゴルファーに通用する
 方法ってあるの?」

はい、実はあるんです。

しかも、飛距離アップのスイングでは、
おそらく一番簡単なノウハウです。

この飛距離アップ法は、今より、楽に
30ヤード飛距離を伸ばせる、
ドラコン王の驚異の飛距離アップ法です。

たった「1球」であなたのスイングが
大変身してしまうかもしれません…。

「えっ!?こんな簡単に飛んじゃうの?」

と、嬉しい悲鳴がでるかもしれません。

こちらに、嬉しい悲鳴を上げている人の
声が多数届いています。

このスイングを身につければ、
スライスやフック連発という
同じミスをしてイライラすることも
なくなります。

さらに、“インパクト”のタイミングさえ
掴めば、30ヤード以上大幅に飛ばす
ことができるのです。

さらにさらに、ドライバーでしっかり振り切って
真っ直ぐで力強い弾道を描くことができるでしょう。

あなたも、今より、楽に30ヤード飛ばせる、
ドラコン王の驚異の飛距離アップ法を
今すぐ、試してみませんか?

飛距離アップのスイングでは、
おそらく一番簡単なノウハウです。

飛距離アッププログラムはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする