間寛平 聖火ランナーへ意欲「声がかかれば」(日刊スポーツ)

お笑いタレント間寛平(68)が5日、千葉県内で、2020年東京五輪の千葉県内開催競技を盛り上げるイベント「3年前記念イベント 千葉にオリンピック・パラリンピックがやってくる!」にゲストで出演した。同県ではテコンドーやフェンシングなどが行われる。

【写真】復帰会見で、新ギャグ「肋骨戦隊キュウレンジャー」を披露していた間寛平

 寛平は司会を務めた陣内智則から「聖火ランナーもひょっとしたらあるかも」と言われると「声がかかれば、なんぼでもやりますよ。任せてください」と意欲を示した。会場ではテコンドーの選手の練習を見学。寛平は「やってみたいよね」と興味津々。陣内から「やめてください。肋骨(ろっこつ)9本折ってるんですから」と止められていた。寛平もテコンドーの蹴りの迫力に「けんかうったらえらいことになる」と笑っていた。

 寛平は4月に木登りの模様をツイッターで動画配信中、4~5メートルの高さの木から落下し、左鎖骨や左肋骨(ろっこつ)9本を骨折し、全治1カ月の重傷を負った。この日も登場すると「ちょっとまだ痛いねん。完治はまだやねん」と話していた。

【飛距離アップのスイング】おそらく一番簡単なノウハウです。

「ドライバーの飛距離が伸びない」

とあきめかけている方に朗報です。

ドライバーで飛距離を伸ばすことは、
意外とできそうでできません。

なぜなのか?

理由は、本や雑誌で書いていあることは、
ある特定の人にしか通用しないからです。

「じゃあ、全てのゴルファーに通用する
 方法ってあるの?」

はい、実はあるんです。

しかも、飛距離アップのスイングでは、
おそらく一番簡単なノウハウです。

この飛距離アップ法は、今より、楽に
30ヤード飛距離を伸ばせる、
ドラコン王の驚異の飛距離アップ法です。

たった「1球」であなたのスイングが
大変身してしまうかもしれません…。

「えっ!?こんな簡単に飛んじゃうの?」

と、嬉しい悲鳴がでるかもしれません。

こちらに、嬉しい悲鳴を上げている人の
声が多数届いています。

このスイングを身につければ、
スライスやフック連発という
同じミスをしてイライラすることも
なくなります。

さらに、“インパクト”のタイミングさえ
掴めば、30ヤード以上大幅に飛ばす
ことができるのです。

さらにさらに、ドライバーでしっかり振り切って
真っ直ぐで力強い弾道を描くことができるでしょう。

あなたも、今より、楽に30ヤード飛ばせる、
ドラコン王の驚異の飛距離アップ法を
今すぐ、試してみませんか?

飛距離アップのスイングでは、
おそらく一番簡単なノウハウです。

飛距離アッププログラムはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする