プロテスト合格組は明暗 トップ合格の松田鈴英、小祝さくらは予選落ち(ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO))

◇国内女子◇北海道meijiカップ 2日目(5日)◇札幌国際CC島松コース(北海道)◇6476yd(パー72)

プロデビュー戦に気合十分のルーキー松田鈴英

7月末の女子最終プロテストを合格した6人が出場。田村亜矢が通算2アンダーの12位で最上位につけ、さらに1打差の通算1アンダー15位につけた吉本ひかるが決勝ラウンド進出を決めた。

田村は初日「70」、2日目を「72」でプレーし、トップとは5打差。「ラッキーもあって助けられた」と胸を撫でおろした。「前半はすこし緊張もあったけど、自分のやるべきことをやろうと切り替えられた」と、後半はボギーなしで完走。「予選通過を目標にやっていたのですごくうれしい。反省点はあるが、あしたも欲張らずに自分のプレーに徹したい」と話した。

18歳の吉本も「前半ボギーが先行したけど、イーブンまで持ってこられて良かった」とホッとした様子。最終18番(パー5)では残り70ydの第3打をグリーン手前のバンカーに入れ、ボギーフィニッシュとしたが、「(予選通過が)最低限の目標だったので素直にうれしい」と笑顔。「あしたは少しでもいい成績で終えて、初賞金で欲しいものを買えるように」と意気込んだ。

一方、地元での開催となった北広島市出身の小祝さくら、金澤志奈が通算4オーバーでカットラインに1打及ばず予選落ち。プロテストトップ通過の松田鈴英は通算5オーバー、川崎志穂も通算7オーバーで予選落ちに終わった。

3分の指導で飛距離が30ヤードアップって本当!?

ドライバーの飛距離が伸びずあきらめかけているあなたへ

「いくら練習しても、いくら本を読んでも、
 全く飛距離が伸びない」

とお悩みのあなたに、
ドラコン日本一がこれまでひた隠ししていた、
たった3分の指導で飛距離が30ヤードアップ
する「飛ばしの真の理論」を公開します。

この理論は、ドラコン王のレッスン受講生など、
ごく一部のゴルファーしか知らない方法でした。

今回この秘密の飛距離アップ理論の「全て」を
公開します。

ドライバーで、遠くに飛ばすことは簡単です。

なにをやっても飛ばない人は、
間違った方法をしているからです。

このドラコン王を伝授する、
「飛ばしの真の理論」を知れば、
たった3分の練習でも、見違えるような
スイングで、大幅に飛距離アップできる
かもしれません。

より遠くに飛ばすためには、コツが要ります。

小さい頃を思い出してください。

自転車でもコツさえつかめば、簡単に
二輪で乗れましたよね?

ゴルフでも同じです。

「飛ばしのコツ」さえわかれば、
糸も簡単にしかも、コンスタントに
飛距離を伸ばすことができるのです。

こちらに具体的な方法が書いてあります。
飛距離アッププログラムはこちら

「飛ばしのコツ」をマスターするだけで、
非力なアマチュアゴルファーでも
“きつい筋トレ”や“高額な器具”を使わず、
楽にもう30ヤード飛距離を伸ばすことができます。

しかも、体格や性別に関係なく、 今より30ヤード以上、
しかも安定してストレートな弾道を飛ばすができます。

ドラコン日本一に二度も輝いたドラコン日本一が、
たった3分の指導で飛距離が30ヤードアップする
「飛ばしの真の理論」を全て公開します。

飛距離アッププログラムはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする