川崎、ユース出身の阪南大・脇坂泰斗が来季加入内定「1日でも早く力に」(SOCCER KING)

川崎フロンターレは8日、来季の新戦力として阪南大学からMF脇坂泰斗の加入が内定したことを発表した。

【ハイライト動画】今野が再びゴール!

 脇坂は、川崎フロンターレU-18を経て2014年に阪南大へ進学。1年次から主力として活躍し、3年次には全日本大学選抜にも選出、また関西学生サッカーリーグの最優秀選手賞にも輝いた。ユース時代にはキャプテンを務め、阪南大でも今季より主将を務めるなど、そのキャプテンシーも大きな持ち味だ。

 “古巣復帰”となった脇坂は、川崎のクラブ公式サイトでコメントを発表している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする