原爆資料館に被爆女学生の日記 一生懸命生きた証し…8月5日が最後に(産経新聞)

戦時下で欠かさず少女がつけていた日記が広島市中区の原爆資料館で公開されている。原爆の犠牲になった広島県立広島第一高等女学校(県女、現県立広島皆実(みなみ)高)1年の石崎睦子さん=当時(12)=が書き残した日記。昭和20年に入学してから毎日丹念に記してきたが、原爆投下前日の8月5日を最後に白紙に。つづられていたのは広島の街にあった普通の暮らし。無残に奪われたかけがえのない「日常」を伝えている。

 〈この感激で一生懸命勉強しやうと思つた〉(4月6日)

 県女の入学式。希望に胸を膨らませる様子がうかがえる。

 空襲警報の中で通学した日々。それでも変わらぬ日常があった。

 〈母が田舎へ行つたので姉と一つしよに夕方のしたくをした。後で大へん気持ちがよかつた。母によくやつたといつてほめられた〉(6月4日)

 8月5日の午前中、睦子さんは転校してきた級友に勉強を教え、その後、川遊びに行った。

 〈午後 小西さんと泳ぎに行つた。(中略)今日は大へんよい日でした。これからも一日一善と言ふことをまもらうと思ふ〉(8月5日)

 そして翌6日朝。爆心地から約800メートルの小網町(現広島市中区)一帯の建物疎開作業で、動員されていた睦子さんを含む県女の1年生約220人全員が死亡した。

 日記帳は昭和61年に77歳で亡くなった母、安代さんが大切に持っていた。睦子さんの姉の植田●子(のりこ)さん(85)=広島市東区=は「『何かを伝えたい』とか、そんな賢い気持ちはないの。あの時代に純情で、けなげで、一生懸命に生きていた少女たちがいたんですよ。それを知ってくだされば、私は最高」と思いを語った。

3分の指導で飛距離が30ヤードアップって本当!?

ドライバーの飛距離が伸びずあきらめかけているあなたへ

「いくら練習しても、いくら本を読んでも、
 全く飛距離が伸びない」

とお悩みのあなたに、
ドラコン日本一がこれまでひた隠ししていた、
たった3分の指導で飛距離が30ヤードアップ
する「飛ばしの真の理論」を公開します。

この理論は、ドラコン王のレッスン受講生など、
ごく一部のゴルファーしか知らない方法でした。

今回この秘密の飛距離アップ理論の「全て」を
公開します。

ドライバーで、遠くに飛ばすことは簡単です。

なにをやっても飛ばない人は、
間違った方法をしているからです。

このドラコン王を伝授する、
「飛ばしの真の理論」を知れば、
たった3分の練習でも、見違えるような
スイングで、大幅に飛距離アップできる
かもしれません。

より遠くに飛ばすためには、コツが要ります。

小さい頃を思い出してください。

自転車でもコツさえつかめば、簡単に
二輪で乗れましたよね?

ゴルフでも同じです。

「飛ばしのコツ」さえわかれば、
糸も簡単にしかも、コンスタントに
飛距離を伸ばすことができるのです。

こちらに具体的な方法が書いてあります。
飛距離アッププログラムはこちら

「飛ばしのコツ」をマスターするだけで、
非力なアマチュアゴルファーでも
“きつい筋トレ”や“高額な器具”を使わず、
楽にもう30ヤード飛距離を伸ばすことができます。

しかも、体格や性別に関係なく、 今より30ヤード以上、
しかも安定してストレートな弾道を飛ばすができます。

ドラコン日本一に二度も輝いたドラコン日本一が、
たった3分の指導で飛距離が30ヤードアップする
「飛ばしの真の理論」を全て公開します。

飛距離アッププログラムはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする