九州北部豪雨1カ月 激しい雨1000ミリ、流木20万トン、崩れ落ちた山300カ所 注目は「谷底平野」(産経新聞)

8月5日で発生から1カ月となった九州北部豪雨では、福岡県朝倉市で全国的に近年でも例がない24時間1000ミリもの雨が降っていたことが気象庁のレーダー解析で判明した。その後の各機関の調査で300カ所以上で山が崩れ、流木量約20万トンと推計されるなど被害の全容が徐々に明らかになってきた。本来は命名の基準には満たないが、「雨の降り方が特徴的で顕著な被害が出た」として、気象庁はこの豪雨を「平成29年九州北部豪雨」と名付けた。“規格外”の雨量に苦慮した形だ。ただ、同様の災害は過去にも例があり、これらに共通する「谷底平野」という地形に注目する声も上がる。

■解析雨量1000ミリの恐怖

 共同通信の報道によると、気象庁が朝倉市に最初の「記録的短時間大雨情報」を出した1分後の7月5日午後1時29分、朝倉市内の事務所で仕事中の建設業、田中耕起さん(53)の携帯電話が鳴った。

 電話の相手は、北に2キロ離れた同市杷木松末の自宅にいた妻の加奈恵さん(63)で、「車が流れた。近くの橋も道路もない」と切迫した声が耳に飛び込んだ。

 「川が決壊して庭が流れた」「流木が押し寄せている」。通話のたびに状況は悪化。最後の着信は同日午後6時24分、加奈恵さんが何か言おうとするが、震えて言葉にならない。田中さんは振り返る。「あの時、もう家が流され始めたんだ」

 午後1時過ぎから強まった雨脚は一気に猛烈な雨となり、午後4時にはピークを迎えた。気象庁の朝倉市の観測点では5日の24時間雨量は516ミリ。降り始めから13時間で平年の7月の1カ月分(354・1ミリ)をはるかに上回った。

 だが、その後の気象庁のレーダー解析で、同市で降った雨は24時間で最大1000ミリまで及んでいたことが判明。隣接する東峰村や大分県日田市では24時間最大600ミリと解析された。

 尋常でない雨量が狭い範囲に集中し、林野庁の調査では福岡、大分両県の上空から300カ所以上で山が崩れているのを確認。同支所の担当者は「谷という谷が全て崩れ、土色の山肌をさらしていた」と振り返る。福岡県の推計では約20万トンの流木が発生した。

■狭い範囲に集中

 ただ、死者30人以上の被害が出ながら気象庁が今回の災害を「平成29年7月九州北部豪雨」と命名したのは発生2週間後。「基準に達していればすぐに命名した」(同庁)という。

 気象庁が気象災害に命名する際の基準は「損壊家屋1千棟以上、浸水1万棟以上」という建物被害の目安がある。ただ、今回は被害範囲が限定的で建物軒数が損壊約750棟、浸水約1800棟と基準に至っていなかった。

 気象庁は基準ができた平成16年以降、初めて基準未満の災害に命名することにした。職員は「雨の降り方が特徴的で被害が顕著だった」と命名理由を明かす

■予想できた場所では?

 想定外の雨量が集中した今回の豪雨。どうすれば身を守れるのか。現地調査した静岡大防災総合センターの牛山素行(もとゆき)教授(災害情報学)は「谷底平野」という地形に注目する。

 谷底平野とは、川の上流から中流にかけ、両岸に土砂が堆積してできる平坦(へいたん)な低地で氾濫の際に浸水する。牛山教授が朝倉市の赤谷川流域を調べたところ、洪水による家屋損壊42軒が全て谷底平野だったという。

【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする