東へ進路変え7日午後近畿上陸へ 8日には東日本にも 遅い台風、大雨に注意(産経新聞)

四国沖を北東へ進んでいる台風5号について気象庁は7日、当初の見通しより東寄りに進んだため同日午後にも近畿中部に上陸し、8日に東日本に達する恐れがあることを明らかにした。移動速度が遅く、積算雨量が増える可能性があり、河川の氾濫や土砂災害などに警戒を呼びかけた。

 気象庁によると、台風5号は時速約20キロで北東へ進んでいる。台風は通常、列島接近後は時速40、50キロ程度で進む。現在は北側の偏西風が北寄りにある上、南側の太平洋高気圧の勢力が弱く、周辺の台風を押し流す気流が弱かった。

 さらに東日本上空の上層付近に気圧の強い部分があり、行く手を阻まれて速度が上がらなかったという。近畿上陸後、8日には長野県周辺の中部山地にぶつかり、さらに動きが停滞する恐れもあるという。

 7日午前までの24時間で高知県津野町船戸や仁淀川町で330ミリ以上の雨を観測。徳島県上勝町でも260ミリ以上に達した。高知県の室戸岬で40・0メートルの最大瞬間風速を観測するなど、西日本の太平洋側を中心に強風が吹き、波も高くなった。三重県朝日町では、強風であおられた木の板が男性(89)に当たり、肩を負傷した。

 8日正午までの24時間に予想される雨量は近畿、東海400ミリ、北陸、関東甲信300ミリ、四国200ミリ、東北、中国150ミリ。

 8日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は四国30メートル(45メートル)、近畿28メートル(40メートル)、東海25メートル(35メートル)、中国、北陸23メートル(35メートル)、関東甲信18メートル(30メートル)。東海から九州にかけては、うねりを伴った高波にも警戒が必要としている。

 台風5号は7日午前11時現在、徳島市の南南西約70キロを時速約20キロで北東に進んだ。中心の気圧は970ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は30メートルで、最大瞬間風速は45メートル、中心から半径90キロ以内が風速25メートル以上の暴風域。

ドライバーでビュンビュン、もう30ヤード飛ばせます!

「ドライバーの飛距離をもっと伸ばしたい!」

「スライスやフックせず、真っ直ぐ力強い弾道を打ちたい」

とドライバーの飛距離が伸びず悩んでいませんか?

そんなあなたに、ドラコン日本一山田勉プロ直伝の
「ドライバーでビュンビュン、もう30ヤード飛ばす必殺技」
をお教えします。

このプログラムは、

・早くて3分、

・3ステップで飛距離アップのスイングをマスター、

・年配の方でも、筋力がない方でも無理なく30Y飛ばせる、

という画期的なプログラムです。

ゴルフ初心者からベテランまで、
簡単にできて、即効性のある飛距離アップ法です。

1.とにかく猛練習してみようか?

2.自己流でなんとかしようか?

3.スクールにいこうか?

あれこれやる前に この方法をやってみると、
ドライバーの飛ばしのコツが分かり、
最短で、しかもコンスタントに、
もう30ヤード飛ばせることができます。

あなたが今すぐドライバーの飛距離をアップしたい
のであれば、まずはこの

「ドラコン日本一山田勉の30ヤード飛距離アッププログラム」

から始めるのがベストででしょう。
飛距離アッププログラムはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする