「完ぺきは…18番のティショットだけ」松山英樹の一問一答(ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO))

◇世界選手権シリーズ◇WGCブリヂストン招待 最終日(6日)◇ファイヤーストーンCC(オハイオ州)◇7400yd(パー70)

チップインイーグルを決めて勢いづく松山英樹

松山英樹が2016―17年シーズンの3勝目、米ツアー通算5勝目を飾った。2打差の4位から出ると1イーグル、7バーディをマークし、通算16アンダーとして後続に5打差をつける圧巻の逆転劇。「61」は2013年大会のタイガー・ウッズに並ぶコースレコードタイとなった。以下はホールアウト後の一問一答

―タイガー・ウッズに並ぶ「61」をマークして優勝
「4年前、タイガーと一緒に回ってこのコースで(ウッズが出した)61は信じられないと思ったが、自分の力が少しずつついてきて、きょうそういうゴルフができてうれしい」

―朝の練習場では良い状態ではなかった?
「きのうのプレーが終わった後の状態は良く仕上がっていた。きょうの朝、ウォームアップで悪すぎてショックだったが、1番で左に曲げたショットで原因が分かった。そのあとはスムーズにプレーできました」

―今週自分に期待できなかった理由は?
「全英オープンが終わってから、まったく練習しないでここに来た。良いスコアで回れると思わなかった。(当地で練習を重ねて)少しずつ良いものが出ている自覚はあったが、まさかここまで良いパフォーマンスが出せるとは思ってなかった」

―きょう満足いったショットは?
「18番のティショットだけはうれしかったですね。本当に完ぺきなティショットでした」

―米国での生活は快適か?
「英語をもっとしゃべれると、ここ(記者会見)でも通訳を必要としないで話せたら、もっとストレスもかからず楽しい場になる。(英語で)しゃべって、もっと交流を深めたい。これからの課題だと思います。話せるようになったらもっとエンジョイしてプレーできる。そこがネックになっているところはある。話せればもっと楽しくなれる瞬間が来るんじゃないかと思います」

―優勝カップはどこに置く?
「フロリダの家に置いてあります。(各大会のものは)バラバラに。今大会の?ダイニングでいいんじゃないですかね(笑)」

―次週はメジャー最終戦「全米プロ」

「こんなに飛距離で悩んでいたゴルファーが、たった3分で!」

土屋さん(61歳・愛知県)

還暦を過ぎてから、飛距離が伸びず、
同伴者よりも40~50ヤードも
離されているのが本当にショックで…。

それから、ゴルフが大嫌いになりました。

そんな時、みつけたのが、

「ドラコン日本一山田勉の30ヤード飛距離アッププログラム」

この方法を実践すれば、たった3分で
ドライバーの飛距離が30ヤード伸びるというのです。

正直、最初は半信半疑でしたが
実践してみたんです。

でも実際やってみると、驚くほどの効果がありました。

本当に練習場で3分間で数回のスイングを、
試したところ、30ヤードどころか、
50ヤードも飛距離が伸びたのです。

飛距離アッププログラムはこちら

この「ドラコン日本一山田勉の30ヤード飛距離アッププログラム」は、

■ 著者は2005年、2007年2度のドラコン日本一に輝いた【飛ばしのプロ】だということ

■ 飛距離アップのたけの3つのステップで効果的に飛距離をアップできること

■ 飛距が伸び、かつスライスやフックもなくなる

■ 一時的ではなくコンスタントに安定して飛距離が伸びること

■ ある打法とあわせ7つポイントを実践するだけよいシンプルな方法だということ

■ 自宅で簡単にできること

という、実績や効果も抜群で、
どんなに非力で高齢の方でも、
簡単にできて、今すぐ使えるノウハウや
テクニックが盛りだくさんです。

飛距離アッププログラムはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする