アイアンも世界で通用 川岸史果は有終の「66」(ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO))

◇海外女子メジャー◇全英リコー女子オープン 最終日(6日)◇キングスバーンズGL(スコットランド)◇6697yd(パー72)

【画像】初優勝!森田遥の笑顔

2回目の海外メジャーは、22歳に大きな自信を植えつけた。59位からスタートした川岸史果は1イーグル5バーディ、1ボギーの「66」とし、通算7アンダーの23位タイにジャンプアップ。予選カットライン上で進んだ週末の“有終”に「ボギーが1つあったから90点。ほぼ完璧なゴルフだった」とうなずいた。

1番(パー3)で1.5mのバーディパットを沈め、ガッツポーズで滑り出した最終日。アイアンショットは切れ味を増し、次々とチャンスを演出した。2番(パー5)では2オンに成功して連続バーディ。6番で唯一のボギーとしたが、7番をバーディとした直後の8番(パー5)では、ピンまで244ydの2打目を3Wでピン左1.5mにつけて会心のイーグルを奪った。後半も13番、16番と伸ばし、リーダーボードを駆け上がった。

メジャー初挑戦の7月「全米女子オープン」(予選落ち)では、飛距離こそ世界レベルにいることを実感したが、アイアンの精度の足りなさを痛感して帰国した。アドレス時に左足側に寄り過ぎていたボールの位置を調整するなど、数々の修正を経て渡英。この日は「フェースに乗った強いドローボールが打てた」とイメージ通りのショットを繰り出し、コースマネジメントを安定させた。

「ドライバーもまずまずだったし、2打目からのアイアンショットの切れ味も良かった。自信がつきましたね」。2回目の大舞台でまたひとつ、世界レベルで戦う自負が加わった。

「こんなに飛距離で悩んでいたゴルファーが、たった3分で!」

土屋さん(61歳・愛知県)

還暦を過ぎてから、飛距離が伸びず、
同伴者よりも40~50ヤードも
離されているのが本当にショックで…。

それから、ゴルフが大嫌いになりました。

そんな時、みつけたのが、

「ドラコン日本一山田勉の30ヤード飛距離アッププログラム」

この方法を実践すれば、たった3分で
ドライバーの飛距離が30ヤード伸びるというのです。

正直、最初は半信半疑でしたが
実践してみたんです。

でも実際やってみると、驚くほどの効果がありました。

本当に練習場で3分間で数回のスイングを、
試したところ、30ヤードどころか、
50ヤードも飛距離が伸びたのです。

飛距離アッププログラムはこちら

この「ドラコン日本一山田勉の30ヤード飛距離アッププログラム」は、

■ 著者は2005年、2007年2度のドラコン日本一に輝いた【飛ばしのプロ】だということ

■ 飛距離アップのたけの3つのステップで効果的に飛距離をアップできること

■ 飛距が伸び、かつスライスやフックもなくなる

■ 一時的ではなくコンスタントに安定して飛距離が伸びること

■ ある打法とあわせ7つポイントを実践するだけよいシンプルな方法だということ

■ 自宅で簡単にできること

という、実績や効果も抜群で、
どんなに非力で高齢の方でも、
簡単にできて、今すぐ使えるノウハウや
テクニックが盛りだくさんです。

飛距離アッププログラムはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする