D・クレイグが騒動一転、残り2作「ボンド」続投へ(日刊スポーツ)

英俳優ダニエル・クレイグ(49)が、人気スパイ映画「007」のボンド役からの降板騒動から一転、残り2作品に出演することが決まったようだ。クレイグはシリーズ第21作「007/カジノ・ロワイヤル」(06年)から6代目ボンドとして4作品に出演。しかし、前作「007 スペクター」(15年)の公開直後にボンド役から引退する意向を示し、続投は難しいと言われていた。報道によると、世界中のファンから愛され、興行も期待できるクレイグを引き留めるため、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリ氏が粘り強く交渉を続け、予定通り計6作品に出演するよう説得するための話し合いが行われたという。25作目となる次回作のタイトルはすでに、「シャッターハンド」になると伝えられており、2019年11月公開を予定している。すでに脚本もほぼ完成しており、クレイグの続投が正式発表される日も近そうだ。 

【写真】D・クレイグ007復帰に150億円オファー

【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする