錦織12位へ浮上 20歳ズベレフは4位、最終戦ランキング<男子テニス>(tennis365.net)

男子テニスツアーのNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)の出場をかけた「RACE TO LONDON」(最終戦出場ランキング)が7日に発表され、シティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)でベスト4へ進出した錦織圭は、前回から2つ上げて12位へ浮上。また、優勝を果たした20歳のA・ズベレフ(ドイツ)は2つ上げて4位となった。

【錦織らロジャーズ杯 対戦表】

11月12日から開幕するNitto ATPファイナルズは、年間の大会獲得ポイント上位8選手が出場出来るシーズン最後の大会。

現時点で、1位のR・ナダル(スペイン)と2位のR・フェデラー(スイス)のファイナルズ出場が確定。N・ジョコビッチ(セルビア)とS・ワウリンカ(スイス)は怪我により今シーズン全大会欠場となっている。

錦織は、現在行われているロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)に第5シードで出場。初戦の2回戦では、世界ランク22位のG・モンフィス(フランス)と対戦する。両者は今回が4度目の顔合わせで、錦織の3連勝中。

8月7日付の最終戦出場ランキングは以下の通り。

1位[ – ]:R・ナダル 7,095ポイント

2位[ – ]:R・フェデラー 6,545ポイント

=========出場確定=========

3位[ – ]:D・ティーム(オーストリア) 3,345ポイント

4位[ +2 ]:A・ズベレフ 3,165ポイント

5位[ -1 ]:S・ワウリンカ 3,150ポイント

6位[ -1 ]:M・チリッチ(クロアチア) 2,905ポイント

7位[ – ]:N・ジョコビッチ 2,585ポイント

8位[ – ]:A・マレー(英国) 2,290ポイント

==================

9位[ – ]:G・ディミトロフ(ブルガリア) 1,970ポイント

10位[ – ]:T・ベルディヒ(チェコ共和国) 1,950ポイント

11位[ +5 ]:S・クエリー(アメリカ) 1,940ポイント

【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする