自白強要 専門家「任意聴取も可視化に」(産経新聞)

万引事件の任意聴取で警官が中学生の男子生徒らに自白を迫っていた今回の問題。冤罪(えんざい)を防ぐため警察の取り調べでも録音・録画(可視化)が広がるが、裁判員裁判対象事件など一部にとどまり、任意聴取では義務付けられていない。専門家は「任意も含めて可視化すれば、今回のような事案は防げる」と可視化の徹底を求める。

 「鑑別(所)でも少年院でもどこでもぶちこむしかないのかなって俺は今考えている」。当時15歳の生徒が聴取に持参したICレコーダーには生々しいやり取りが記録されていた。別の部屋で聴取されていた当時14歳の生徒が事件への関与を認めたとして「向こうはごめんなさいができている。てめえだけなんだよ」と告げる場面もあった。

 会見した14歳の生徒の父親は「追い込まれ、認めざるをえなかった子供のことを考えるとどんな気持ちだったかと思う」と話した。

 警察による可視化は平成20年、裁判員裁判対象事件の取り調べの一部で開始。その後、刑事訴訟法改正で全過程可視化が義務付けられた。警察庁は前倒しする形で昨年10月から新指針の運用を開始したが、今回のような任意聴取までは義務付けられていない。

口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・

何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・

でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする