世界934位スティーブンス 元女王ケルバー破り8強へ<女子テニス>(tennis365.net)

女子テニスのロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、WTAプレミア5)は10日、シングルス3回戦が行われ、世界ランク934位のS・スティーブンス(アメリカ)が第3シードのA・ケルバー(ドイツ)を6-2, 6-2のストレートで破り、ベスト8進出を果たした。

【珍事 キリオス線審にタオル渡す】

24歳のスティーブンスは2013年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)でベスト4へ進出し、同年の11月に世界ランキングで11位を記録した。

しかし、以降は怪我に苦しみ、その影響で現在は934位まで下げている。

今大会では1回戦でY・プチンセワ(カザフスタン)に逆転で勝利すると、2回戦で第14シードのP・クヴィトバ(チェコ共和国)、そして3回戦で元女王のケルバーを下して8強へ駒を進めた。

準々決勝では、世界ランク41位のL・サファロバ(チェコ共和国)と対戦する。サファロバは3回戦でE・マカロバ(ロシア)をフルセットで破っての勝ち上がり。

いま、話題になっている・・・
「勝利を阻む7つの勘違い」シングルスで勝てない理由は、間違った常識にあった!をご存知ですか?

その効果についてもですが、
杉下 正行さんの評判も色々と書かれてますね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

気になる内容が『あの掲示板』でかなり流出してるみたいです。

ネタバレと口コミを読んでみると・・・
ある程度、購入前に中身がわかるっていいかも。(^^)v

文句とか批判ばかり言ってても仕方ないですよね。

ちょっと頑張ってチャレンジしてみようかしら?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする