錦織 世界ランク9位、全米OP前哨戦は右手首の負傷で欠場<男子テニス>(tennis365.net)

男子テニスの8月14日付ATP世界ランキングが発表され、ロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)で初戦敗退の錦織圭は前回と変わらず9位となった。

【錦織 右手首「酷くなった」】

錦織はW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)に第5シードで出場予定だったが、13日に右手首の負傷により欠場すると発表している。

その他ではロジャーズ・カップ決勝でR・フェデラー(スイス)を破り、四大大会に次ぐグレードの「ATPマスターズ1000」で2度目のタイトルを獲得した20歳のA・ズベレフ(ドイツ)は前回から1つ上げ、自己最高の7位へ浮上した。

8月14日付の男子ATP世界ランキングは以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント

■1位[ – ]…A・マレー(英国)
7,750ポイント(7,750ポイント)

■2位[ – ]…R・ナダル(スペイン)
7,555ポイント(7,465ポイント)

■3位[ – ]…R・フェデラー
7,145ポイント(6,545ポイント)

■4位[ – ]…S・ワウリンカ(スイス)
5,780ポイント(5,780ポイント)

■5位[ – ]…N・ジョコビッチ(セルビア)
5,325ポイント(5,325ポイント)

■6位[ – ]…M・チリッチ(クロアチア)
5,155ポイント(5,155ポイント)

■7位[ +1 ]…A・ズベレフ
4,470ポイント(3,560ポイント)

■8位[ -1 ]…D・ティーム(オーストリア)
4,030ポイント(4,065ポイント)

■9位[ – ]…錦織圭
3,285ポイント(3,320ポイント)

■10位[ – ]…M・ラオニッチ(カナダ)

口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・

何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・

でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする