両陛下、10月に豪雨被害の九州訪問へ 11月は口永良部島など離島へ(産経新聞)

天皇、皇后両陛下が11月中旬にも、鹿児島県の屋久島や奄美群島の与論島、沖永良部島(おきのえらぶじま)を訪問される方向で調整が進められていることが16日、宮内庁関係者への取材で分かった。平成27年5月に爆発的な噴火が起きた口永良部島(くちのえらぶじま)を上空から視察するほか、被災者と面会される可能性もある。地域の伝統文化に触れられる機会も設ける予定。宮内庁は近く、同県や地元自治体と具体的な日程を詰めることにしている。

 一方、両陛下が九州北部豪雨で甚大な被害を受けた福岡、大分両県を見舞うため、10月下旬に両県を訪問されることも検討。同時期に福岡県で開かれる「全国豊かな海づくり大会」の行事に臨席するのに先立ち、被災地に入られる。

 両陛下は同大会のため10月28~30日に福岡県を訪問する予定を1日早め、同27日に豪雨被害で死傷者が出た同県朝倉市と大分県日田市を訪れ、被災者らをいたわられる。両陛下は発生当初から被害の拡大を憂慮し、早い段階に現地を見舞うことを望まれていた。

 ■ご慰問、強く望まれ

 天皇陛下が10~11月、皇后さまとともに九州の豪雨被災地や離島を相次いで訪問される計画が明らかになった。陛下は長年、自然災害の被災地見舞いに心を砕き、昨年8月のビデオメッセージでは離島に寄せる思いを吐露されている。譲位の時期を見据え、象徴天皇としての歩みを再確認される旅になりそうだ。

 「日本の各地、とりわけ遠隔の地や島々への旅も、私は天皇の象徴的行為として、大切なものと感じて来ました」。陛下は昨年8月、譲位の意向を示したビデオメッセージでこう述べ、離島に寄せてきた強い思いを明かされている。

 宮内庁関係者は「光が当たりにくい離島にも地域の文化があり、それを大切にする人々の生活を知ることが象徴の務めだと考え、国内の隅々にまで気を配られてきた」と補足する。

 天皇、皇后両陛下は即位後15年で47都道府県全てを巡られた。その中には、地域医療を視察された長崎県の福江島などの離島も含まれる。今回、屋久島は45年ぶり、与論島、沖永良部島は初のご訪問となる。

 両陛下はまた、平成3年の雲仙普賢岳噴火(長崎県)を皮切りに自然災害の被災地に度々足を運び、不自由な避難生活を送る被災者らをねぎらわれてきた。23年の東日本大震災の被災地には、昨年まで6年連続で訪問されている。

 昨年4月の熊本地震の際は1カ月後に日帰りの強行日程でご慰問。九州北部豪雨の被災地も早期に見舞うことを望まれたが、「行方不明者の捜索が続くなどしており、予定があった福岡県訪問に合わせて調整してきた」(側近)という。

【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする