警告がマレーに火をつけた 錦織圭4強逃す【全仏オープン】(TENNIS.JP)

<2017全仏オープンテニス>(通称:ローランギャロス)
6月7日(水)

錦織圭(日清食品)が、世界1位のマレー(英国)に残念ながら6-2,1-6,6-7(0),1-6で逆転負けした。
勝てば日本男子としては1933年(昭和8年)の佐藤次郎以来、実に84年ぶりの全仏4強入りの快挙だった。
錦織は2015年以来、自己最高タイの準々決勝で敗退した。

世界の強者たちが頂点を目指し、5月28日128名で始まった2017フレンチ・オープン。

錦織は万全の状態では全仏に入れなかった。
1回戦は苦戦、3回戦では100%負けを覚悟するが、雨の恵により復活勝利した。
全然自分のプレーができずに0-6で第1セットを落とした4回戦ではほとんどの人が今度こそ負けたと思ったが、1ポイント1ポイント戦うことにより挽回勝利した。
そのようにしてたった8名の中に残った。

先がわからないのが勝負、わからないからこそドラマが生まれる。
その主人公に錦織圭はなれる、錦織圭のレベルの高いテニスを見てそう思った。

試合時間は2時間39分、19時すぎに終わった。
日本時間では朝の2時すぎ、朝刊の締め切りには間に合わないので、記者達は時間をかけ記事を書くことができるだろう。
各紙の記者はどんな論調で錦織圭の記事をまとめるのか?

いま、話題になっている・・・
テニス・ジュニア選手育成プログラム 【ミナミグリーンテニスクラブ代表 倉林愛一郎 監修】をご存知ですか?

その効果についてもですが、
株式会社トレンドアクアさんの評判も色々と書かれてますね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

気になる内容が『あの掲示板』でかなり流出してるみたいです。

ネタバレと口コミを読んでみると・・・
ある程度、購入前に中身がわかるっていいかも。(^^)v

文句とか批判ばかり言ってても仕方ないですよね。

ちょっと頑張ってチャレンジしてみようかしら?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする