台湾先住民の子供らに喝采 ウィーンの国際音楽祭で優勝(産経新聞)

台湾の山岳地に住む先住民の少年少女で作る管弦楽団が7月、ウィーンで開かれた国際コンクールに初出場して優勝した。元は小学生が放課後に見よう見まねで始めた楽団で、手作りのバイオリンを使う子供もいる。中国からの圧力で社会の閉塞(へいそく)感が強まる中、国際舞台で台湾の存在感を示した先住民の子供らの活躍に、地元紙は「台湾の光」(聯合報)と喝采を送った。

 「ウィーン国際青少年音楽祭」の管弦楽部門で優勝したのは、台湾中部・南投県の親愛小学校の在校生と卒業生で作る楽団「親愛愛楽」。学校は標高約千メートルの山中にあり、団員75人はタイヤル族かセデック族。今回は初めての海外遠征で32人が参加した。

 同祭は「音楽界の青少年オリンピック」とも呼ばれ、今年は14カ国・地域の37団体約2千人が歌や演奏を競った。親愛愛楽はモーツァルトの課題曲と先住民の歌を編曲した計3曲を民族衣装姿で披露した。タイヤル族のヤーブン・ビーユーさん(15)は「賞よりも先住民の音楽を大勢に聞いてもらえたことが誇らしかった」と話す。

林 華山の「ゴルフスイング改善、スライス・フック・シャンク一発解消法、飛距離アップのコツ」はシングル517人を育てたプロのゴルフ上達法です! 体験談とネタバレがヤバいかも

林 華山さんの
「ゴルフスイング改善、スライス・フック・シャンク一発解消法、飛距離アップのコツ」はシングル517人を育てたプロのゴルフ上達法です!がネタバレされてる。

体験談とかもかなりあって、けっこうヤバイ感じですね。
これは、多くの人が実践しいるということかな。

ただこれだけ【良い効果】が出ている!なんて聞くと、
逆に【怪しく】感じてきてインチキとか疑っちゃうな

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果が出る人もいるし、出ない人も当然いるわけですよね。

全額返金保証もあるのかな?!

とりあえず今回やってみようかな・・・ムムム

信じて、本当に大丈夫かな?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする