メジャー王者も苦戦 厳しいPGAツアーの世界(ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO))

◇米国男子◇ウィンダム選手権 事前情報(16日)◇セッジフィールドCC(ノースカロライナ州)◇7127yd(パー70)

米国男子ツアーの戦いを振り返る

「ウィンダム選手権」はシーズンのレギュラーツアー最終戦。大会終了後のフェデックスカップポイントランキングで上位125位が次週「ザ・ノーザントラスト」からの全4試合、ノックダウン方式のプレーオフシリーズに進む一方で、126位から200位の選手は2週後の「ネーションワイド・チルドレンズ・ホスピタル選手権」で始まる、下部ツアー選手との入れ替え戦4試合で来季の出場権を争う。そして、201位以下の選手の出場優先順位は限りなく低いものになる。

ポイントレースを引っ張るのが今季3勝を挙げている松山英樹だ。堂々ポイントランキング1位でのプレーオフシリーズ進出が決定。今週のフィールド最上位、ランク9位のケビン・キズナーが優勝して500ptを獲得しても、松山とは700pt以上の差がある。

松山の年間王者、1000万ドル(約11億円)のボーナス獲得への期待が膨らむ一方で、低迷する近年のメジャー制覇たちがいる。前年の年間王者ロリー・マキロイ(北アイルランド)は現在41位で、30人が出場の最終戦進出にはプレーオフでの奮起が必要。ジェイソン・デイ(オーストラリア)は47位、アダム・スコット(オーストラリア)も62位にいる。

ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)は75位で「プレーオフに良い順位で入りたい」と今週の出場を決めた。100位にはちょうど1年前に「全米プロゴルフ選手権」を制したジミー・ウォーカー。111位にはバッバ・ワトソンの名前がある。

2010年の「全米オープン」覇者グレーム・マクドウェル(北アイルランド)は131位でポイントランクでの来季の出場権確保へ向け、今週が勝負どころだ。

いま、話題になっている・・・
太極拳メソッドでカラダ美人になるをご存知ですか?

その効果についてもですが、
エジック 中山 博さんの評判も色々と書かれてますね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

気になる内容が『あの掲示板』でかなり流出してるみたいです。

ネタバレと口コミを読んでみると・・・
ある程度、購入前に中身がわかるっていいかも。(^^)v

文句とか批判ばかり言ってても仕方ないですよね。

ちょっと頑張ってチャレンジしてみようかしら?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする