レギュラーシーズン最後の戦い 石川遼の照準は入れ替え戦へ(ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO))

◇米国男子◇ウィンダム選手権 事前情報(16日)◇セッジフィールドCC(ノースカロライナ州)◇7127yd(パー70)

写真で振り返る全米プロ

生き残りをかけた一戦を前にして、石川遼の表情は必死さと冷静さを保っている。今週は来季のフルシード権の行方が決まる、2016-17年シーズンのレギュラーツアー最終戦だが、視線はすでに2週後に始まる下部ツアー選手との入れ替え戦(ウェブドットコムツアーファイナルズ)に向けられている。

数字上では2位以内に入れば来季の出場権及び、次週「ザ・ノーザントラスト」(ニューヨーク州グレンオークスクラブ)で始まるプレーオフシリーズ進出が決まる。とはいえ、3週前の「RBCカナディアンオープン」まで直近6試合連続で予選落ち。

「今週でシードを獲るためには何位に入らなくてはいけない、といったことはまったく考えていない。ほとんど優勝に近い成績が必要。優勝に向けた(自分の)ハードルは下げないが、入れ替え戦に出る可能性がかなり大きい」。夏場にかけて上向いているショットの状態も、石川の気分を浮つかせることはない。

31日(木)開幕の「ネーションワイド・チルドレンズ・ホスピタル選手権」で始まる入れ替え戦は、レギュラーツアーのポイントランク126位から200位の選手と、下部ウェブドットコムツアーの賞金ランク75位までの選手、一部ツアー外メンバーが出場。全4試合の合計賞金で来季の出場優先順位が決まる。下部ツアーのシーズン賞金ランク上位25人を除く25位までに入る必要がある。

石川は初年度の2013年にこれを突破して出場権をキープ。「あの経験は覚えている。決して良いゴルフではなく、守りに入ってガチガチのところもあった。(今年も)客観的に実力を測れる4試合になる」と現状を受け入れる。今週のセッジフィールドCCでは14年の2日目に米ツアー自己ベスト「62」をマークしたこともあるが、振り返ろうとはしない。

こういうときはひとまず、
本当に実践した体験者の
口コミを参考にしたいですよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

【賛否両論】意見がいろいろあるのも分かるけど

ちゃんと判断したいので
ネタバレやレビューを読んでると・・・

効果はもちろんだけど、
行き詰った時などメールサポート等は、
すぐに返事があってイイみたい。

サポートが【親切】って
購入者の多くが言ってるみたいだね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする