内島萌夏 全日本ジュニアU18優勝「とても嬉しい」<女子テニス>(tennis365.net)

ダンロップ スリクソン全日本ジュニアテニス選手権17(大阪/大阪市、靱テニスセンター)は大会最終日の17日、18歳以下女子シングルス・ダブルス決勝戦が行われ、優勝を果たした内島萌夏(関東/昭和の森ジュニアTS)は表彰式で「やりたいことがしっかり出せて、それが結果に繋がってとても嬉しいです」と今大会を振り返った。

【清水悠太、全日本ジュニア優勝】

内島は今大会、ノーシードで決勝まで勝ち進み、全試合で1セットも落とすことなくタイトルを獲得した。

また、ダブルス優勝の宮本愛弓(ローズヒルTC)は「今回優勝することができたのは、今まで支えてくださった全ての方々のおかげだと思っています。去年も祐希ちゃんと組んで優勝できたのですが、今年はもっと良いプレーができて優勝することができたので凄く嬉しいです。これからももっと良い結果が出せるように頑張りたいと思います」とコメント。

続けて内藤祐希(TEAM YONEZAWA)は「今回一緒に戦ってくれた愛弓ちゃんと、コーチ、仲間に感謝します。まだ、全米オープンなど大事な大会が残ってるので、そこでもっと良い結果が出せるように練習頑張ります」と今後の意気込みを語っていた。

試合結果は以下の通り。
[]内はシード番号、()内は所属。勝者を左側に記載。

【女子シングルス 決勝】

内島萌夏(関東/昭和の森ジュニアTS) 6-1, 7-5 [4]佐藤南帆(関東/有明ジュニアTA)

【女子ダブルス 決勝】

こういうときはひとまず、
本当に実践した体験者の
口コミを参考にしたいですよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

【賛否両論】意見がいろいろあるのも分かるけど

ちゃんと判断したいので
ネタバレやレビューを読んでると・・・

効果はもちろんだけど、
行き詰った時などメールサポート等は、
すぐに返事があってイイみたい。

サポートが【親切】って
購入者の多くが言ってるみたいだね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする