北ミサイル発射予告のグアム、緊張の中で学校再開(産経新聞)

【グアム=塩原永久】北朝鮮のミサイル発射計画で周辺への着弾を予告された米領グアムで17日、公立小学校などの新学期が始まった。住民が無用な不安を抱かぬよう「いつも通りの業務遂行」(カルボ知事)を掲げるグアム政府は、予定を遅らせることなく夏休みを終え、学校を再開した。ただ発射の懸念が残る中で、住民が強いられる緊張も長引いている。

 9日の計画発表から1週間余り。グアム島民は北朝鮮発のニュースに敏感になっている。15日に北朝鮮による発射計画の「保留」が伝えられると、地元メディアは「グアムが安堵(あんど)のため息をついた」と報じた。

 17日に新学期が始まったのは島内の小学校から高校までの公立校41校で約3万人が在籍。グアム政府が11日公表した核攻撃時の対処指針は、子供を学校に預けている親を対象とした内容も盛り込んだ。保護者の不安が高まっていたためだ。グアム教育省は「教職員は緊急時の対応訓練を積んでいる」と万全の対策をアピールし、新学期が始まった全校で改めて対応手順を保護者に周知する方針という。

【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする