朝夏まなとサヨナラ公演初日、ソロ場面でファン魅了(日刊スポーツ)

宝塚歌劇団宙(そら)組トップスター朝夏(あさか)まなとが18日、兵庫・宝塚大劇場で、サヨナラ公演「神々の土地」「クラシカル・ビジュー」の初日を迎えた。

【写真】相思相愛の役柄を演じる同時退団の伶美うららと朝夏まなと

 芝居の舞台はロシア革命前夜。ロシア帝国最後の皇帝と、その親族、周辺の人々を描いた作品。有能なロシア軍人にふんした朝夏が、大公妃と婚約者への愛、そして国を思う心に揺れる様を描くオリジナルだ。

 役者をイメージして書く「あて書き」に定評のある上田久美子氏が演出を担当。朝夏には「明るくて聡明(そうめい)な中に陰がある」ロシア軍人を配した。

 今年4月に前トップ娘役の実咲凜音(みさき・りおん)が退団後、宙組はトップ娘役不在のまま。今作は相思相愛の大公妃に朝夏と同時退団する伶美(れいみ)うらら、朝夏の婚約者役は、次期トップ娘役・星風まどかが演じ、ダブルヒロインで上演されている。

 革命を進める朝夏の旧友貴族は、次期トップの真風涼帆(まかぜ・すずほ)が好演した。

 朝夏はトップ就任時から「宙組の太陽」としての存在を心がけ、目標としてきた。その「太陽」のもと、組メンバーはそれぞれが熱演。人気スターの愛月ひかるは、朝夏にとって敵役となる怪僧ラスプーチンを“怪演”。朝夏・宙組の有終作へ、結束力を見せた。

 また、ショーでは、朝夏の身上から書き下ろし曲「宙の太陽」も用意され、朝夏は満面の笑みでセンターに立った。花組出身で、ダンサーとしても定評がある朝夏は、ソロ場面でもファンを魅了した。

いま、話題になっている・・・
アプローチ革命をご存知ですか?

その効果についてもですが、
株式会社MTイノベーションさんの評判も色々と書かれてますね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

気になる内容が『あの掲示板』でかなり流出してるみたいです。

ネタバレと口コミを読んでみると・・・
ある程度、購入前に中身がわかるっていいかも。(^^)v

文句とか批判ばかり言ってても仕方ないですよね。

ちょっと頑張ってチャレンジしてみようかしら?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする