産経単独インタビュー 国民党新主席、対中政策を中道寄りに修正 一定の距離も(産経新聞)

台湾の野党、中国国民党の呉敦義新主席(69)は20日の党大会での就任を前に産経新聞の取材に応じ、対中傾斜を強めた前主席の方針を中道路線に戻す意向を示した。呉氏は蔡英文政権の対中政策を批判する一方、中国共産党とは一定の距離を取る姿勢も示した。(台北 田中靖人)

 呉氏は、国民党が昨年1月の総統選と立法委員(国会議員に相当)選で大敗して野党に転落した後、中国との統一色が強い洪秀柱氏が主席を務めたことは「党にとって何も良いことがなかった」と断じた。

 呉氏は「『二つの中国』や『一中一台』は言わない」と「一つの中国」原則を掲げる中国に歩調を合わせつつも、「現状は台湾海峡を隔てた『分治』だ」と強調。中台が同じ「中国」に属するとの前提を取りながら「中国」が「中華人民共和国」か「中華民国」かは中台当局がそれぞれ主張する「一中各表」が「大多数の党員が支持する路線だ」と指摘した。

 一方、民主進歩党の蔡英文政権が「一つの中国」を受け入れないことには、当局間交流が停止し観光客も減少しているとして「何の利点があるのか」と批判した。

 呉氏は戦後、中国大陸から来た「外省人」系が要職を占めてきた国民党で、久しぶりの「本省人(台湾出身者)」の主席となる。このため、中国共産党の習近平総書記(国家主席)からの祝電が冷淡だったとの指摘がある。だが、呉氏は双方が事前に電報の内容を把握していたと明らかにし、両党の関係に変化はないと強調した。

 「台湾人意識」の高まりを受け「台湾国民党」に改名すべきだとの主張についても「栄光の歴史を持つ政党であり必要ない」と否定した。習氏との会談の可能性については、国共両党が毎年開催してきた「国共論壇」が例年通り中国で行われた場合、「総統府の同意があれば出席する」と述べるにとどめた。

 2020年の次期総統選での政権奪還については「このままでは保証できない」と党改革への意欲をにじませ、前哨戦となる18年末の統一地方選での候補者選定を慎重に進める意向を示した。

 対日関係では「われわれは親日だ」と主張。副総統を務めた馬英九前政権は戦後70年で「抗日戦争の勝利」を大きく宣伝したが、呉氏は「過去は過去だ」と一線を画した。

     ◇

【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする