譲位特例法成立 渡辺允元侍従長「立場の違いあっても合意点見いだせた」(産経新聞)

侍従長として10年以上にわたり、天皇陛下のお姿を最も近くで見守ってきた渡辺允(まこと)氏(81)が産経新聞のインタビューに応じ、特例法の成立で陛下の譲位が実現することに「意見や立場の違いはあっても、共通の合意点が見いだせた」と評価した。

 国民全体の問題意識に

 --特例法成立までの議論をどう受け止めている

 「1年前に陛下の譲位を考えていた人はほとんどいなかった。法案をまとめるために政府、国会、有識者会議がそれぞれ静かに議論しようと努力したことは良かった。皇室に関する事柄で、意見や立場の違いはあったとしても、共通点を見いだす先例になった」

 --陛下一代限りの譲位を認めた形になった

 「譲位は象徴天皇の安定した継続のために考えられたことなので、陛下だけでその後は認めないというのであれば、陛下のお考えと違う。恒久的な制度は難しいけれど、今回のように陛下の置かれた条件を前提に譲位が適当だとすれば、同じことを考えなくてはいけない時に先例になるのだから問題ないと思う」

 --特例法には、お気持ちを国民が理解していることも明記された

 「国民は、陛下が長年にわたり、国と国民の幸せを祈り、象徴として何をすべきかを模索しながら全身全霊で積み重ねてこられてきたことを見てきた。だからこそ理解がある」

 名所旧跡巡る旅なども

 --政府は、皇位の安定的な継承と当面の皇室の活動を切り離して議論する考えを示している

 「皇位の安定的な継承は、今のままでは悠仁さまの後の見通しがない。それ以前に、悠仁さまが天皇になられたときに、外国訪問や病気の時に国事行為を代行する方がおられず、外国にも行かれないという問題が起こりかねない。万一そうなったら深刻で、悠長な問題ではない」

 --譲位後はどのように過ごしていただきたいか

ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする