王者確定ナダルは準々決勝で敗退、キリオスにストレート負け<男子テニス>(tennis365.net)

男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)は18日、シングルス準々決勝が行われ、第1シードのR・ナダル(スペイン)は世界ランク23位のN・キリオス(オーストラリア)に2-6, 5-7のストレートで敗れ、ベスト4進出とはならなった。

【W&Sオープン対戦表】

両者は雨による悪天候の影響で同日に3回戦を行い、準々決勝へ駒を進めていた。

2013年のW&Sオープンを制しているナダルは、序盤で4ゲームを連取されるとキリオスに主導権を握られ、第1セットを落とす。

第2セットに入っても流れはキリオスに傾き、たナダルは第5ゲームでブレークを許す。第10ゲームではマッチポイントをしのいでゲームカウント5-5に追いつくも、第11・第12ゲームを連取されて1時間20分で力尽きた。

今大会は準々決勝で敗退したが、R・フェデラー(スイス)の欠場により2014年7月以来3年ぶりに世界ランク1位へ返り咲くことが確定している。

31歳のナダルは、前週のロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード、ATP1000)3回戦で、当時世界ランク143位のD・シャポバロフ(カナダ)に敗れる波乱に見舞われていた。

一方、勝利した22歳のキリオスは、準決勝で元世界ランク3位のD・フェレール(スペイン)と対戦する。フェレールは準々決勝で第3シードのD・ティーム(オーストリア)をストレートで破っての勝ち上がり。

いま、話題になっている・・・
7日間シングルプログラムをご存知ですか?

その効果についてもですが、
株式会社Live出版さんの評判も色々と書かれてますね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

気になる内容が『あの掲示板』でかなり流出してるみたいです。

ネタバレと口コミを読んでみると・・・
ある程度、購入前に中身がわかるっていいかも。(^^)v

文句とか批判ばかり言ってても仕方ないですよね。

ちょっと頑張ってチャレンジしてみようかしら?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする