ファイルレス攻撃 「侵入」「潜伏」の2段階攻撃 手口の全体像隠す(産経新聞)

ファイルレス攻撃は、偽メールに仕組まれた「侵入型」、内部で情報収集などを行う「潜伏型」と2つの段階に応じて別々の不正プログラム(ウイルス)が使われているのも特徴だ。片方の攻撃が発覚しても、それが単発の攻撃と分析者に誤認させ、手口の全体像が分からないようにする効果を狙ったものとみられる。

 昨年10月ごろ、情報セキュリティー会社「トレンドマイクロ」は、国内で標的型とみられる不審なメールの存在を確認した。添付ファイルを調べてみると、送信先のパソコンのシステム管理機能PSにファイルのダウンロードを命じるプログラムのみが書かれていた。どのようなファイルがダウンロード対象なのかまでは不明で、同社は「これだけ見ても何が目的か分からない」と説明する。

 あらゆる可能性を考えて粘り強く調査を進めた。すると、相手のパソコンの機能を利用し、正体が分からないように加工されたウイルスをダウンロードすること、このウイルスがシステム内で活動できるように、PSを操って通常の状態に戻すことなども判明した。

 現在、このファイルレス攻撃は国内で使われる遠隔操作型ウイルスの中で「最も活発」(同社)という。

愛甲 和矢のダフリ、トップ、シャンク!ミスを減らすための。ダフってもトップしてもピンに寄せるための「アルティメットアプローチ」 体験談とネタバレがヤバいかも

愛甲 和矢さんの
ダフリ、トップ、シャンク!ミスを減らすための。ダフってもトップしてもピンに寄せるための「アルティメットアプローチ」がネタバレされてる。

体験談とかもかなりあって、けっこうヤバイ感じですね。
これは、多くの人が実践しいるということかな。

ただこれだけ【良い効果】が出ている!なんて聞くと、
逆に【怪しく】感じてきてインチキとか疑っちゃうな

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果が出る人もいるし、出ない人も当然いるわけですよね。

全額返金保証もあるのかな?!

とりあえず今回やってみようかな・・・ムムム

信じて、本当に大丈夫かな?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする