譲位特例法成立 譲位の儀式の在り方は 過去の文献参考に手探り(産経新聞)

天皇陛下は昭和64年1月7日、昭和天皇の崩御に伴い即日、皇位を継承され、約2年間にわたって葬儀や即位に関する行事、儀式に臨まれた。次の皇位継承は明治以降初めて、大喪関連の儀式を伴わずに即位にまつわる行事が進められることになる。宮内庁は譲位に関する儀式についても、過去の文献も参考に「手探り」(宮内庁幹部)で検討する。譲位に関する法制度が整ったことで今後、新天皇となる皇太子さまが描かれる「皇室像」にも注目が集まりそうだ。

 天皇陛下の譲位を可能とする特例法の成立を受け、譲位・即位に関する一連の儀式の準備が動き出す。起点となるのは譲位期日の決定だ。同法は公布日から3年を超えない範囲内で、皇族2方も参加される皇室会議の意見を聞いた上で政令で定めるとしている。

 「譲位の儀式」は実現すれば約200年ぶりの復活となる。第119代の光格天皇も譲位の際に儀式を執り行ったとされ、どのような形式で行うか検討が進められる。

 平成2年に行われた天皇陛下の即位の礼に倣えば、即位にあたっては、5つの国事行為をはじめとするさまざまな儀式が行われる。

 新天皇が皇位継承の証しとして「三種の神器」のうち、天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)の分身と八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)、国事行為の際の押印に用いる御璽(ぎょじ)、国璽を受け継がれる「剣璽(けんじ)等承継の儀」。次いで即位後初めて三権の長らと会われる「即位後朝見(ちょうけん)の儀」と続く。

 最も盛大に行われるのは、国内外に広く即位を宣明される「即位礼正殿(せいでん)の儀」(即位の礼)だ。海外の賓客も多数招かれ、皇居の宮殿・松の間に設(しつら)えられた高御座(たかみくら)で、天皇の装束である黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)に身を包み、即位を自ら宣言される。国民からの祝福を受けられるパレード「祝賀御列の儀」も行われる。

 国事行為とは別に、即位後初の新嘗祭(にいなめさい)として、新穀を神々に供え、国家安寧と五穀豊穣(ほうじょう)に感謝し祈られる「大嘗祭(だいじょうさい)」も皇室行事として重要な儀式に位置づけられる。

公式ページに書かれている
『お客様の声』とか『モニターさんの成功例』とかが
あまりにもウマくいきすぎっ!!!って印象

わたしが気になっているのはコレ・・・

実際の効果が気になるのは事実なんですけど

やっぱり、ネットの商品って
たまに詐欺商品ありそうだし・・・
騙されたくないでしょ。

株式会社 CECILさんは実績ある人みたいだし
大丈夫なのかな。

どうしよう~
チャレンジしてみようかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする