花咲徳栄、東海大菅生が初の4強!東北勢は全滅 夏の甲子園・12日目の結果(ベースボールキング)

『第99回全国高等学校野球選手権大会』は大会12日目。この日は準々決勝の4試合が行われ、4チームが準決勝進出を決めた。

▼ 12日目・第1試合
● 三本松(香川) 1 - 9 東海大菅生(西東京) ○
三|000 000 010|1
東|302 002 20X|9

 東海大菅生が快勝で4強入りを決めた。初回、小玉の2ランと佐藤の適時打で3点を先制すると、その後も効果的に得点。打線が3本塁打を含む12安打9得点と奮起すると、投げては先発・松本が8回1失点と好投するなど、投打で圧倒し、初のベスト4進出を果たした。8強の中で唯一の公立・三本松は、8回に1点を返すも東海大菅生打線を止められなかった。

▼ 12日目・第2試合
○ 天理(奈良) 13 - 9 明豊(大分) ●
天|600 005 200|13
明|201 000 006|9

 天理が粘り勝ちで27年ぶりの準決勝進出。初回、2者連続本塁打などで一挙6点を先制。6回に5点、6回に2点を加え、20安打13得点と打線が爆発した。敗れた明豊は最終回に6得点と一矢報いるも一歩及ばなかった。

▼ 12日目・第3試合
○ 広陵(広島) 10 - 4 仙台育英(宮城) ●
広|303 000 103|10
仙|001 001 002|4

 広陵が10年ぶりのベスト4。初回、加川の犠飛などで3点を先制すると、3回に3点、1点を失った直後の7回に1点、9回にはダメ押しの3点を追加し、10点を奪った。仙台育英は、最終回に反撃も序盤の失点が響き、悲願の東北勢初制覇の夢は散った。

▼ 12日目・第4試合
● 盛岡大付(岩手) 1 - 10 花咲徳栄(埼玉)○
花|011 140 003|10
盛|010 000 000|1

【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする