鹿島が快勝で首位キープ…後続のC大阪、川崎、柏が勝ち点で並ぶ/J1第23節(SOCCER KING)

2017明治安田生命J1リーグ第23節が19日と20日に各地で行われた。

 首位に立つ鹿島アントラーズはホームで清水エスパルスと対戦。前半にレアンドロのゴールで先制すると、試合終盤には金崎夢生が追加点を奪い、2-0で勝利を収めた。

【動画】今季のJリーグは「ロングシュート」がすごい! ここまでの超ゴールまとめ

 2位のセレッソ大阪はアウェイでジュビロ磐田と対戦。好調・杉本健勇のゴールで先手を取ったが、86分に川又堅碁に決められ、勝ち点1を得るにとどまった。

 3位の横浜F・マリノスはヴィッセル神戸とスコアレスドローに終わり、5位に後退した。一方、北海道コンサドーレ札幌に2-1で勝利を収めた川崎フロンターレと、ガンバ大阪を1-0で下した柏レイソルが、2位C大阪と勝ち点で並んでいる。

 今節の結果は以下のとおり。

■J1第23節(19日、20日)
▼19日
鹿島アントラーズ 2-0 清水エスパルス
ジュビロ磐田 1-1 セレッソ大阪
浦和レッズ 2-1 FC東京
川崎フロンターレ 2-1 北海道コンサドーレ札幌
アルビレックス新潟 1-2 ベガルタ仙台
ガンバ大阪 0-1 柏レイソル
サンフレッチェ広島 1-0 ヴァンフォーレ甲府
サガン鳥栖 3-0 大宮アルディージャ
ヴィッセル神戸 0-0 横浜F・マリノス

■J1順位表
1位 鹿島(勝ち点49/得失点差+15)
2位 C大阪(勝ち点45/得失点差+20)
3位 川崎(勝ち点45/得失点差+18)
4位 柏(勝ち点45/得失点差+14)
5位 横浜FM(勝ち点44/得失点差+13)
6位 磐田(勝ち点39/得失点差+14)
7位 浦和(勝ち点36/得失点差+11)
8位 G大阪(勝ち点36/得失点差+11)
9位 鳥栖(勝ち点34/得失点差3)
10位 FC東京(勝ち点33/得失点差+4)
11位 神戸(勝ち点30/得失点差-4)
12位 仙台(勝ち点29/得失点差-13)
13位 清水(勝ち点25/得失点差-9)
14位 甲府(勝ち点20/得失点差-13)
15位 札幌(勝ち点20/得失点差-15)
16位 大宮(勝ち点19/得失点差-21)
17位 広島(勝ち点18/得失点差-15)
18位 新潟(勝ち点9/得失点差-33)

■第24節対戦カード(26日、27日)
▼26日
札幌 vs 仙台
大宮 vs 広島
柏 vs 新潟
横浜FM vs FC東京
磐田 vs 神戸
C大阪 vs 鹿島
鳥栖 vs G大阪
▼27日
甲府 vs 川崎

口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・

何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・

でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする