マッチプレーで見えた2人の若武者の“崩れない能力”(ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO))

◇国内男子(ツアー外競技)◇ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯◇恵庭CC(北海道)◇6903yd(パー72)

【画像】0のケタ数はいったいいくつ?

「ネスレマッチプレーレクサス杯」の決勝に残ったのは、タイプの違う27歳、同学年の2人でした。

1人はアマチュア時代から一目置かれ、プロに入ってからすぐに国内メジャー「日本ゴルフツアー選手権」を獲り、その後国内で常にトップクラスで戦い続ける藤本佳則選手。もう1人もツアー初勝利が同じく「日本ゴルフツアー選手権」で、こちらも国内ツアーを引っ張る小平智選手。両者、押しも押されぬ日本が誇る若き才能です。

そんな2人の戦いを見ていると、マッチプレー特有の共通した強さを垣間見ることができました。それは、相手の戦う意欲を失わせてしまう“崩れない能力”です。

普段のストロークプレーと違い、マッチプレーでは、自分がバーディを取ることと同じく、相手のミスを待つことも重要になってきます。相手が崩れてしまえば、自分がパー止まりでもそのホールを獲ることができるからです。

それは、プレーオフが毎ホール続くような戦い。相手ありきのマイペースさを要するものです。

自分が現役時代のときにも感じましたが、マッチプレーの相手として嫌だなと感じるタイプは、浮き沈みの少ない安定感のある選手でした。こちらが頑張っても頑張っても、ポイントを与えてくれない、今回の2人のようななかなか“崩れない能力”を持ったタイプです。

この無言のプレッシャー、我慢強さを示す能力が、藤本選手や小平選手の飛んで曲がらないティショットだったように感じます。2人とも270~280ydを誇る飛距離と安定感を持ち合わせています。

このティショットをテンポ良く続けられると、戦っている相手としては「自分がバーディを取らないと勝てない…」と感じるようになります。そして終盤、逆にこれがプレッシャーとなり、ミスショットを引き起こして自滅…という展開になってしまうのです。

渡辺 佳織の「ところてん方式ダイエット」便秘改善プログラム 体験談とネタバレがヤバいかも

渡辺 佳織さんの
「ところてん方式ダイエット」便秘改善プログラムがネタバレされてる。

体験談とかもかなりあって、けっこうヤバイ感じですね。
これは、多くの人が実践しいるということかな。

ただこれだけ【良い効果】が出ている!なんて聞くと、
逆に【怪しく】感じてきてインチキとか疑っちゃうな

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果が出る人もいるし、出ない人も当然いるわけですよね。

全額返金保証もあるのかな?!

とりあえず今回やってみようかな・・・ムムム

信じて、本当に大丈夫かな?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする