トランプ政権 自身の発言への人種差別批判は「メディアの責任」 アリゾナの集会で演説(産経新聞)

【ロサンゼルス=中村将】トランプ米大統領は22日、メキシコと国境を接する西部アリゾナ州フェニックスで開かれた支持者集会で演説した。南部バージニア州シャーロッツビルで起きた白人至上主義団体と反対派の衝突事件をめぐる自身の発言に「人種差別的」との声が寄せられていることについて、「メディアは正確に伝えていない」と批判した。

 トランプ氏の西部訪問は大統領就任以降初めて。メディア批判は、自らの支持層をつなぎ止める狙いがありそうだ。

 トランプ氏は「われわれは憎悪をあおる悪いやつらを非難する。憎悪や偏見、暴力的な振る舞いは認めないと言ったのに、メディアはちゃんと伝えていない」などと自身への批判を「メディアの責任」と断じた。

 トランプ氏の訪問について、フェニックス市のスタントン市長は「(シャーロッツビルの)悲惨な事件から国家が立ち直ろうとしているときに、トランプ氏が集会開催を決定したことに失望した」とする声明を発表した。

 トランプ氏は一方、演説で北朝鮮情勢に触れ、「米国を尊重し始めている」とわずかに好転の兆しをみせているとの見解を示し、公約に掲げる国境の壁建設については改めて「絶対に必要だ」と強調した。

 トランプ氏は集会に先立ちアリゾナ州ユマにある国境警備当局の施設を視察。国境を監視するドローンや車両などを見学したほか、国境警備を強化する必要性についての説明を受けた。

口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・

何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・

でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする