中国、「海上原発」開発へ新会社 南シナ海の実効支配強化 原子力空母建造へ技術支援も(産経新聞)

中国国有の原子力発電会社、中国核能電力(CNNP)は8月10日、「海上原子力施設」の開発を行う新会社を設立すると発表した。中国は2020年代に海上浮動式原発を20基建設する計画とされ、南シナ海の実効支配強化に向けて海上原発の開発を本格化させる構えだ。中国の“悲願”である原子力空母の建造にその技術が利用される可能性も高い。国際社会からはその動機や安全性に対して懸念の声も出ている。

 CNNPの声明によると、同社など5社が計10億元(約160億円)を共同出資する。新会社の設立は「海洋強国建設」や現代版シルクロード構想「一帯一路」などの国家戦略に合致し、「船舶原子力」の軍民融合による発展にも資すると言及した。

 12日付の香港紙サウス・チャイナ・モーニングポストは「この技術がどのように、またどこで使用されるのかは声明で言及されていない」と指摘しつつも、海上原子力施設は南シナ海などに配置されるとの専門家の見方を紹介した。

 中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は昨年4月、中国が周辺諸国と領有権を争う南シナ海の人工島などに電力を供給するため、海上浮動式の原発施設建設を計画していると報道。さらに同7月には中国英字紙チャイナ・デーリーが、CNNPの親会社である中国核工業集団の幹部の話として、初の海上浮動式原発の建設が18年に完了し、19年に稼働する予定だと伝えた。

 中国の海上原発は人工島への電力供給のほか、南シナ海や東シナ海でのエネルギー開発にも利用されるとみられている。

 シンガポールの軍事専門家、コリン・コー氏は「海上原発は多様な用途があり、その存在は象徴的でもあるし実用的でもある」とサウス・チャイナ・モーニングポスト紙に指摘。中国が海上原発技術を「海洋強国の実力の表れ」だと認識していると分析した。

 さらにコー氏は、海上原子力施設の開発が原子力空母の建造技術にも寄与するとの見方も示している。

 中国では今年4月に大連の造船所で初の国産空母が進水し、上海でも2隻目の国産空母が建造中とされる。ただ上海の空母も通常動力型とみられ、原子力空母の建造は中国海軍にとって悲願だ。

 海上原発の開発にはロシアが力を入れている。香港の専門家は、浮遊式原発の技術はまだ成熟していないものの米国や中国なども「膨大な労力」をその開発に注ぎ込んでいると同紙に指摘し、「可動式であるために、いかなる港や島にも移動して電力を供給できる」と説明した。

 一方、英誌エコノミスト(電子版)は、中国による海上原発の開発目的は領有権を争う南シナ海の諸島への電力供給だとして「議論を呼んでいる」と言及した。

セントラル産業株式会社の2008年☆たった一人の愛する彼女を作りませんか? クチベタもルックスも出逢い不足も問題なかった! テニスやゴルフで楽しくラブラブ大恋愛を簡単実現する「おひさま恋愛成功マニュアル」 体験談とネタバレがヤバいかも

セントラル産業株式会社さんの
2008年☆たった一人の愛する彼女を作りませんか? クチベタもルックスも出逢い不足も問題なかった! テニスやゴルフで楽しくラブラブ大恋愛を簡単実現する「おひさま恋愛成功マニュアル」がネタバレされてる。

体験談とかもかなりあって、けっこうヤバイ感じですね。
これは、多くの人が実践しいるということかな。

ただこれだけ【良い効果】が出ている!なんて聞くと、
逆に【怪しく】感じてきてインチキとか疑っちゃうな

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果が出る人もいるし、出ない人も当然いるわけですよね。

全額返金保証もあるのかな?!

とりあえず今回やってみようかな・・・ムムム

信じて、本当に大丈夫かな?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする