くみっきー、ぴかりんのアレンジで「ルネパンダ」復活(東スポWeb)

出展元:東スポWeb

カリスマギャルモデルの“くみっきー”こと舟山久美子(25)、歌手でモデルの“ぴかりん”こと椎名ひかり(22)ら渋谷・原宿系を代表する人気モデル6人が“Kawaii”を世界に向けて発信するエンターテインメント番組「Kawaii Asia」(MBS、スペースシャワーTV)が4月から番組キャラクターをリニューアル。「カワイイの元祖」内藤ルネとコラボした新キャラクターが同月4日から登場することになった。

 昭和30年代、少女雑誌「ジュニアそれいゆ」のイラストなどで「カワイイ」文化を発信したルネはインテリアやライフスタイルにまで影響を及ぼした戦後の少女文化の第一人者で、「元祖カワイイ」「カワイイの先駆者」とも呼ばれる。デザイナーとしてファッション、ヘアスタイル、食器などライフスタイルに影響を与えたルネ。中でも有名なのは「ルネパンダ」。旅先のロンドン動物園で見たパンダに感激したルネが作り出した2頭身キャラ「ルネパンダ」は、上野動物園にパンダが来日する前年にイラスト化&キャラクター化されたもので、以後の日本のパンダグッズの原型となった。そのルネパンダが「Kawaii Asia」で現代によみがえるのだ。

 リニューアル初回(4月4日)には番組ではくみっきー、ぴかりんの他、松本愛(22)、中田クルミ(25)、柴田紗希(25)、やのあんな(25)の6人がルネパンダを独自にアレンジ。番組オリジナルルネパンダとして新オープニングアニメに登場する。また原宿kawaiiカルチャーの第一人者と言われる増田セバスチャンがゲスト出演。内藤ルネの影響を大きく受けたというセバスチャンは、私物の「ジュニアそれいゆ」やルネ初の単行本を披露しながら「“Kawaii”には苦労とか悲しみとか楽しくない気持ちをハッピーに変える力がある、ルネさんは自らの体験・経験を元に身をもって“Kawaii”を発信していた」と内藤ルネの魅力を語る。番組の新オープニングアニメについては「サクランボやレモンなどルネさんの世界観が散りばめられたカワイイアニメに仕上がっている。ルネパンダも6人6様それぞれの個性がよく出ているが、中でも柴田紗希のルネパンダはデザインとしてまとまっていて自分的には一番のお気に入り。花とかマグカップとか何を持ってもサマになる!」と絶賛した。

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする