マー君、7回3失点で9勝目! 右肩の不安一掃、4年連続2ケタ勝利に王手(ベースボールキング)

● タイガース 4 - 13 ヤンキース ○
<現地時間8月22日 コメリカ・パーク>

 右肩炎症で故障者リストに入っていたヤンキースの田中将大が22日(日本時間23日)、敵地でのタイガース戦で復帰登板。初回から丁寧な投球が光り、7回3失点で今季9勝目(10敗)を手にした。

 ヤンキースは1回表、3番サンチェスの24号2ランなどで3点を先制。幸先よく援護を得た田中は、9日(同10日)のブルージェイズ戦以来となるマウンドに登った。

 この日は立ち上がりからボールを低めに集め、初回、2回はいずれも3者凡退。すると3回表、再び打線がタイガース先発・ボイドに襲いかかり、ヤンキースは早くも7-0と一方的な展開へ持ち込んだ。

 田中はその裏、先頭の7番マキャンに初安打を許すと、二死から1番キンズラーに中越えの適時二塁打を浴びた。それでも傷口は広げず、後続をピシャリ。4回は2者連続三振をマークするなど、ここから再び3イニングを3人ずつで片付けた。

 11-1の7回は、一死二塁から4番カステラノスに17号2ランを浴びた。それでも、続くロマインの三塁線を破った打球を、左翼・ガードナーが二塁へ好返球。これがタッチアウトとなり、バックがピンチの芽を摘んだ。

 二死からマキャンを三ゴロに打ち取り、田中は7回3失点で降板。この日は90球と球数も少なく、6安打4奪三振無四死球と好投。右肩の不安を一掃する内容で、今季の防御率を4.86とした。

いま、話題になっている・・・
糖尿病改善5ミニッツ 自宅でラクにできる「青坂式」糖尿病改善プログラムをご存知ですか?

その効果についてもですが、
株式会社 アイリスさんの評判も色々と書かれてますね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

気になる内容が『あの掲示板』でかなり流出してるみたいです。

ネタバレと口コミを読んでみると・・・
ある程度、購入前に中身がわかるっていいかも。(^^)v

文句とか批判ばかり言ってても仕方ないですよね。

ちょっと頑張ってチャレンジしてみようかしら?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする