白人至上主義衝突 6割がトランプ氏の対応支持せず(産経新聞)

【ワシントン=加納宏幸】米クイニピアック大は23日、南部バージニア州での白人至上主義団体と反対派の衝突に関する世論調査の結果を発表した。トランプ大統領は衝突をめぐって、白人至上主義団体を非難したり反対派にも責任があるとの発言をしたりと態度を二転三転させたが、有権者の60%が衝突へのトランプ氏の対応を支持しないと回答。支持したのは32%にとどまった。

 与党・共和党支持層では支持が69%だったが、不支持も21%に上った。民主党支持層では不支持が90%、無党派層でも61%。

 人種別では黒人(90%)、中南米系(69%)の不支持が高かった。

 白人至上主義団体が反対して衝突の発端となった南北戦争の南軍司令官リー将軍の像撤去に関しては、反対(50%)が支持(39%)を上回った。白人の57%が反対で、逆に黒人は67%が支持していた。支持政党別では、共和党支持層の81%が反対だった。

 トランプ氏が米国を分断させているとみているのは62%で、共和党支持層でも20%がこうした見方に同意した。トランプ氏の支持率は35%だった。調査は8月17~22日に実施された。

口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・

何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・

でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする