「娘より先に勝てたら威張れる」川岸良兼がシニア初優勝に王手(ゴルフ情報ALBA.Net)

<第18回スターツシニアゴルフトーナメント 2日目◇10日◇スターツ笠間ゴルフ倶楽部(7,101ヤード・パー72)>

2位発進!「怪物」川岸良兼 ドライバーショット連続写真【正面16枚】

 6月9日(木)~6月11日(土)の日程で開催されるPGAシニアツアー第3戦「スターツシニアゴルフトーナメント」。2日目を終えて、首位に立ったのは、トータル10アンダーまでスコアを伸ばした川岸良兼。今季からシニアツアーに参戦しているルーキーが初優勝に王手をかけた。

 「パターが良かっただけ。あとは酷かったです。力入っているのかな、腕の力があり過ぎなんだよね。早く練習に行きたい。でも、明日最終組でまわれるから良かったですよ」と振り返った川岸。それでも7バーディ・2ボギーと5つスコアを伸ばし、首位に浮上した。

 最終日は白浜育男、米山剛との最終組。前週の「すまいーだカップ」では初めて米山と同組でプレーしているが、「米山先輩と回ったらボロ負けしてます。1打か2打差なんですけど、ショットがいいので、内容的に圧倒されて負けるんですよね」と懸念があるのだとか…。それでも「ギャフンと言わしてやる(笑)」と初優勝へ当然気合が入る。

 一方米山も「開幕から3戦ともいい調子を維持出来ている。良兼も頑張っているし、一緒に優勝争い出来たらいいなと思います(米山)」と最終日最終組でのプレーに歓迎ムードだ。

 ルーキーだけに周りは先輩ばかりだが、練習日の様子を見ても、良く声をかけられ、可愛がられている川岸。「先輩方がギラギラしてやっている。楽しいですね」と刺激を受ける。チャンスがありつつもまだシニアに入って勝利がない米山もギラギラする選手の一人だけに、最終日は熾烈な優勝争いが展開されるだろう。

 次戦『KYORAKU MORE SURPRISE CUP』の開幕は7月7日。その間に娘の史果が初優勝を挙げる可能性もあるだけに、「娘より先に勝てたら威張れる」という願いを叶えるために、今大会のチャンスは逃せない。

【スターツシニア 2日目順位】
1位:川岸良兼(-10)
2位:白浜育男(-9)
3位T:米山剛(-8)
3位T:ピーター・ファウラー(-8)
5位:プラヤド・マークセン(-7)
6位T:真板潔(-6)ら4名

いま、話題になっている・・・
アーリーリリース撲滅プログラムをご存知ですか?

その効果についてもですが、
株式会社 アーキさんの評判も色々と書かれてますね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

気になる内容が『あの掲示板』でかなり流出してるみたいです。

ネタバレと口コミを読んでみると・・・
ある程度、購入前に中身がわかるっていいかも。(^^)v

文句とか批判ばかり言ってても仕方ないですよね。

ちょっと頑張ってチャレンジしてみようかしら?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする