予選勝者エドモンドが4強、第6シードに逆転勝利<男子テニス>(tennis365.net)

男子テニスのウィンストン・セーラム・オープン(アメリカ/ウィンストン・セーラム、ハード、ATP250)は24日、シングルス準々決勝が行われ、予選勝者のK・エドモンド(英国)が第6シードのS・ジョンソン(アメリカ)を5-7, 6-3, 6-3の逆転で破り、ベスト4進出を果たした。

【全米OP 獲得賞金一覧】

この日、接戦の末に第1セットを落としたエドモンドだったが、続く第2セット以降はジョンソンに1度もブレークを許さない試合を展開し、1時間59分で勝利を手にした。

準決勝では、世界ランク67位のD・ズムル(ボスニア)と対戦する。ズムルは、同日の準々決勝で第13シードのチョン・ヒョン(韓国)をストレートで下しての勝ち上がり。

予選2試合を勝ち抜き本戦入りを果たしたエドモンドは、今大会1回戦でT・ファビアーノ(イタリア)、2回戦で第15シードのD・メドヴェデフ(ロシア)、3回戦でM・フチョビッチ(ハンガリー)を下して準々決勝へ駒を進めていた。

現在22歳のエドモンドは2012年にプロへ転向し、これまでのツアー最高成績はベスト4進出となっている。

口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・

何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・

でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする