チーム8舞木香純がセクシーなダンス披露 色っぽさにファンどよめく(東スポWeb)

出展元:東スポWeb

人気アイドルグループ「AKB48」チーム8が2日、さいたまスーパーアリーナで「AKB48チーム8 全国ツアー~47の素敵な街へ~ チーム8結成3周年前夜祭」の夜公演を開催した。

 トヨタ自動車が活動を全面サポートし、47都道府県代表メンバーから構成されているAKB48チーム8。全国ツアー27か所目となる今回は、1万2000人を動員し、チーム8としては最大規模となった。

 女子高生の片思いをテーマにしたミュージカル風の寸劇でスタート。ヒロインを演じたのは鳥取代表・中野郁海(16)。親友役を本田仁美(15=栃木)、佐藤栞(19=新潟)、福地礼奈(20=佐賀)、谷口もか(15=宮崎)が務め、セーラー服姿で熱演した。

 大人っぽいメンバーを集めた“チームアダルト”は「胡桃とダイアローグ」「Innocence」で色気を見せつけ、はだけたワイシャツ姿には歓声が上がった。特に福島代表・舞木香純(19)はセクシーな表情とダンスで魅了。胸元を強調したしぐさには、会場からどよめきが起こった。

 埼玉代表・高橋彩音(19)は「(結成)3周年を迎えるときに、私の地元でコンサートができてうれしいです。3周年を迎えられるのも皆さんのおかげです。ありがとうございます」と笑顔であいさつ。会場を見回した新潟代表・佐藤は「こんな景色が見られるとは思ってなかった。チーム8を見る人がこんなに集まるなんて想像してなかったので…。感動して泣きそうになってるんですけど」と言葉を詰まらせた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする