バイエルン、ブレーメン退団の21歳MFニャブリを獲得…3年契約を締結(SOCCER KING)

バイエルンは11日、ドイツ代表MFセルジュ・ニャブリの移籍でブレーメンと合意に達したことをクラブ公式サイトで発表した。

 ブレーメン退団が発表されていたニャブリはバイエルンと3年契約を締結する。同公式サイトを通じ、「バイエルンの一員になるのはとても光栄なことだ。心踊る時間を過ごせるだろう。とても楽しみにしているよ」とコメントした。

 現在21歳の同選手は、地元シュトゥットガルトの下部組織出身で、2011年夏にアーセナルへ移籍。リザーブチームで経験を積み、2012年9月に行われたEFLカップ3回戦のコヴェントリー戦でトップデビューを果たした。だが、レンタル移籍したウェスト・ブロムウィッチを含め、出場機会を得られず、2016年8月にブレーメンに加入。今シーズンはブンデスリーガ27試合に出場し、11ゴールと飛躍を遂げたが、1年での移籍を決断していた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする