仕事を断らない遠藤憲一「面白がってくれるのが一番幸せ」(東スポWeb)

出展元:東スポWeb

俳優・遠藤憲一(55)が4日、都内で行われたムック本「週刊 鉄腕アトムを作ろう!」(全70号=講談社)創刊発表会に、お茶の水博士のコスプレ姿で登場した。

 遠藤は「結局、こういうことをするのが好きなんだと思う。昔は死んでいるか、あやめている役が多かったが、CMではなぜか意表をついて笑かす役を振られる。見ている方が面白がったり楽しんでくださることが、俺には一番幸せ」と苦笑い。

「今もコワモテとは言われるが、CMやイベントはとにかく楽しんでもらいたい。俳優、イベントとメリハリが利いていいと思う。今はどんな仕事が来ようが断れない。命にかかわらなければ、どんどんこなしていく。女房(個人事務所の社長)はどんな格好でも驚かない。仕事だからというスタンス」と仕事に対するポリシーを明かした。

 俳優のみならず、ナレーター、バラエティータレントとして超売れっ子で、花見に行く暇もないという。

 そんな遠藤は家庭用二足歩行ロボット「アトム」にぞっこんの様子で「地方ロケは一人なので、こいつを連れて行きたい。昔、フィギュアが好きだったが空き地で爆竹を仕込んで…乱暴だった。アトムは大切に扱いたい」などと語った。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする