錦織 世界ランク9位、ジョコビッチやナダルらトップ10変動<男子テニス>(tennis365.net)

男子テニスの6月12日付ATP世界ランキングが発表され、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で2年ぶり2度目のベスト8進出を果たした錦織圭は前回から180ポイント加算されたが、変わらず9位となった。

【錦織 ラケット破壊を語る】

全仏オープンで錦織は初戦から苦しい戦いが続く中、21歳のチョン・ヒョン(韓国)や元世界7位のF・ベルダスコ(スペイン)らを下してベスト8へ進出。王者A・マレー(英国)との準々決勝では、序盤から果敢に攻め続けて第1セットを先取するも逆転負けを喫した。

今後は、19日に開幕するゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)に出場する予定。これまでの同大会では、2014・2015年にベスト4へ進出。昨年は2回戦で棄権した。

6月12日付のATP世界ランキングは以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント

■1位[ – ]…A・マレー
9,890ポイント(10,370ポイント)

■2位[ +2 ]…R・ナダル(スペイン)
7,285ポイント(5,375ポイント)

■3位[ – ]…S・ワウリンカ(スイス)
6,175ポイント(5,695ポイント)

■4位[ -2 ]…N・ジョコビッチ(セルビア)
5,805ポイント(7,445ポイント)

■5位[ – ]…R・フェデラー(スイス)
4,945ポイント(5,035ポイント)

■6位[ – ]…M・ラオニッチ(カナダ)
4,450ポイント(4,450ポイント)

■7位[ +1 ]…M・チリッチ(クロアチア)
4,115ポイント(3,765ポイント)

■8位[ -1 ]…D・ティエム
3,985ポイント(4,145ポイント)

■9位[ – ]…錦織圭
3,830ポイント(3,650ポイント)

■10位[ – ]…A・ズベレフ(ドイツ)

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする