テリー争奪戦、英2部アストン・ヴィラが参戦か…指揮官がゴルフ中に説得?(SOCCER KING)

チャンピオンシップ(イングランド2部リーグ)のアストン・ヴィラが、今シーズン限りでチェルシーを退団した元イングランド代表DFジョン・テリーの争奪戦に参戦した模様だ。イギリス紙『サン』が報じている。

 36歳のテリーに対しては多くのクラブが獲得に興味を示しているが、ブックメーカーはすでに同選手と話し合いを行っているボーンマスを移籍先の最有力候補としている。経験豊富なテリーには国内のみならず、中国やアメリカのクラブからもオファーが届いているという。

 去就に注目が集まる中、この週末にテリーがポルトガルのリゾート地、キンタ・ド・ラゴでゴルフをともにラウンドした相手はアストン・ヴィラのスティーヴ・ブルース監督だった。現役時代はテリーと同じくイングランド代表のセンターバックとして活躍したブルース監督は、ラウンド中に直接、移籍の説得にあたったと見られる。

 一方で、アストン・ヴィラのチーフ・エグゼクティブを務めるキース・ワイネス氏は、テリーの獲得は現実的ではないとし、「我々を移籍先候補のリストに載せるのは構わないが、個人的にはここが今の彼が来るべき場所だとは思わない。話し合いがあったのは事実だが、これ以上何かが起こるとは思えないよ」と謙虚なコメントを残している。とはいえ、一部のブックメーカーは、テリーの移籍先としてアストン・ヴィラのオッズをボーンマスに次ぐ2番目に設定。今後の動向に注目が集まる。

ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする